29歳、職歴なしでも正社員になれる?20代最後のチャンスを棒に振るわないために必要なこと

  • 「もう29歳。正社員にならないとやばいかも。」
  • 「29歳職歴なしで正社員になれるの?」

こんな焦りや不安を抱えていませんか?

大丈夫、29歳職歴なしでも正社員になれる道はありますよ。

とはいえ、本気で正社員になりたいなら、29歳は20代の強みを利用できる最後のチャンスです。

もう先延ばしにせず、30代になる前に動き出しましょう。

今回は、29歳、職歴なしで正社員になる方法を解説します。

29歳、職歴なしでも正社員にはなれる

まず大前提として29歳、職歴なしという状況から初めて正社員になる人は普通にいます。

現在の就職・転職市場は盛り上がっていますし、人手不足が顕著な業界もあることから、年齢や職歴を問わない正社員募集や採用がおこなわれているのです。

ただし、29歳、職歴なしの状況が厳しいことに変わりはなく、誰でも就職できるわけではありません。

29歳、職歴なしで正社員になる人には、人事担当者から見た下記の共通点がありますよ。

  • 正社員就職への意欲が高い(積極性があって就職後に仕事をしっかり覚えてくれそう。)
  • 人間性がよくコミュニケーション能力がある(職場の人とうまくやってくれそう。)
  • 社会人としてのマナーがある(アルバイト経験を活かしてくれそう。)

上記の点を意識することで内定を得られる確率が上がりますので、覚えておいて損はありません。

29歳が最後のチャンスである理由

29歳と30歳はたった1歳の違いですが、大きな違いがあります。

理由は主に2つで

  • 20代と30代では印象が全くちがう
  • 30歳未満を応募条件にしている求人が多い

からです。

人事担当者は履歴書の年齢を見た瞬間に「20代=まだ若い人」「30代=中堅」という印象を受けます。

29歳なら、まだ「とりあえず会ってみてもいいかな。」と思われる可能性が残ります。

しかし、30代になっていると「もう30代なのに職歴なし?」とマイナス面が大きくなるのです。

募集条件として30歳未満を設定してあれば、30歳以上は機械的に選考から外していくことは当然ながらあり得る話でしょう。

29歳は、30歳より格段に就職可能性が高いと覚えておいてください。

職歴なしでも就ける職種は?

29歳、職歴なしで正社員になるには、就職しやすい職種を狙うことが重要です。

就職しやすい職種は何かを考えるとき、「人手不足」「特別な資格や技能がなくても就ける」という2つの要素がある職種を選ぶのがコツですよ。

たとえば、下記の職種は未経験採用を積極的におこなっており、業界全体として人手不足が顕著です。29歳、職歴なしでもチャンスがあると言えるでしょう。

  • ドライバー(タクシー、長距離運転手、宅配便など)
  • 介護職
  • 接客販売サービス

また、業界問わず就職可能性が高いのは、通年募集がおこなわれている「営業職」です。

営業は企業利益に直接貢献するためニーズが高い職種ですし、職種に就くのに資格は不要です。

興味のある業界がある方は、営業から入って経験を積み、別職種に転換する方法もありますよ。

確実に就職するために就職支援サイトを活用しよう

29歳、職歴なしという就職ハンデを抱えた状態で就職するには、一人でやみくもに活動するのは無謀だと思っておきましょう。

仮に就職できたとしても、自分に合っていかなったりなどのアンマッチが起こりやすくなります。

29歳、職歴なしで就職を成功させるには若者の就職に特化した就職支援サイトの活用が必須ですよ。

就職支援サイトに登録すると大抵の場合、プロのキャリアコンサルタントが担当につきます。

自己流で就職活動をするよりも効率的に進められるので、利用しない手はありません。

以下で就職サイトを利用するメリットを上げておきますね。

メリット1:書類添削、面接対策をおこなってくれる

29歳、職歴なしで応募する場合、社会人としての常識レベルと意欲をチェックされます。

しかし、正社員経験がない29歳の場合、ビジネスマナーに自信がなく、どう意欲をアピールすべきかが分からないことがあるでしょう。

就職支援サイトに登録し、担当のキャリアコンサルタントに相談すれば、応募書類の添削と面接対策を実施してくれます。

29歳、職歴なしの場合は書類の書き方から徹底的にアドバイスしてくれるため、書類選考確率が上がります。

苦手な面接も自信を持って臨めるようになるでしょう。

メリット2:キャリア相談で将来と真剣に向き合える

29歳になるまで正社員経験がない方の中には

  • なんとなくアルバイト生活を続けてきた
  • 将来と向き合うのが面倒で先延ばしにしてきた

というケースが多く見られます。

年金制度崩壊や先行き不透明な日本経済の状況などを目の当たりにしてきた若い世代にとって、将来を真剣に考えることは無駄なことのようにも感じられたでしょう。

就職・転職に詳しいプロのキャリアカウンセラーであれば、そんな漠然とした意識を変えてくれます。

キャリア相談をすることで、「本当はどんな仕事につきたいのか」「これまでの経験を将来に活かしたい」といった自分自身の本音としっかり向き合えます。

モヤモヤしていた気持ちを明確に前向きに変えることができるわけです。

メリット3:求人の見方や企業の見極めポイントを教えてくれる

29歳で職歴なしの方が一人で就職活動すると、以下の理由でよく失敗するケースが見受けられます。

  • 求人の見た目に惑わされてブラック企業に入社してしまう、
  • 給与や条件の見方が分からず就職後にギャップを感じやすい

などなど。

これらは正社員としての就職活動知識が不足していることが原因です。

失敗を回避するために、担当のカウンセラーは不明点への回答をし、何を注意すべきかを教えてくれます。

就職ノウハウを持ったプロだからこそ、後悔のない就職につなげてくれるのです。

メリット4:表には出てこない魅力的な求人を紹介してもらえる

個人的にはこれが一番大きいと思っています。

特に就職支援サイトの場合、非公開求人と呼ばれる表には公表されていない求人を多く揃えてるケースがほとんどです。

非公開求人は表に出てる公開求人よりも条件のいい求人であることが多いです。

担当のキャルアコンサルタントのカウンセリングを受けることで、この非公開求を紹介してもらえます。

29歳、職歴なしというハンデを背負った状態で一人で就活すると、企業から足元を見られて条件の悪い会社に入社してしまうケースも珍しくありません。

最悪のケースを防ぐためにも担当から非公開求人を紹介してもらうのは非常に重要です。

利用すべき就職支援サイト

就職支援サイトを利用する際はなるべく20代の若者やフリーター向けに特化したサイトを選択するのがベストです。

と言うのも一般の就職サイトですと、これまで正社員としてのキャリアや経歴があることを前提としたサポートになってしまいます。

なので職歴のないフリーターですと、キャリア面にハンデの影響で普通の就職支援サイトだと結果が出ない可能性があるでしょう。

20代フリーターに特化した就職サイトですと、最近勢いがあるのは「ハタラクティブ」が上げられますね。

ハタラクティブは都内限定になりますが利用者のほとんどが20代で、なんと半数が正社員経験なしのフリーターです。

未経験OKの求人も多く、サポートにも定評があります。

内定率も80%超えを果たしており、担当するキャリアコンサルタントの実力が高いことを示してるでしょう。

登録から相談まで全て無料で利用できますので、首都圏内の方は登録しない手はないでしょう。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

まとめ

29歳、職歴なしで正社員になることは可能ですから、諦めたり不安に感じ過ぎたりする必要はありません。

ただし、年齢と職歴なしという2つの就職ハンデがあることもまた事実なので、職種にこだわり過ぎず視野を広く持ち、プロの手を借りることが大切ですよ。

20代最後のチャンスを活かして正社員の座を手に入れましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら