20代のフリーターがハローワークで就活をしてはいけない理由

20代のフリーターが就職活動をする際、真っ先に思い浮かぶのはハローワークではないでしょうか。

しかし、ハローワーク利用には問題点もあるため、ハローワークのみを使った就職活動はおすすめできません。

今回は、20代のフリーターがハローワークで就職活動をすべきでない理由を解説します。

20代のフリーターがハローワークを利用する3つの問題点

理由その1.転職サポート力が弱い

ハローワークでは日常的に求人紹介をおこなっていますが、主には企業への連絡や書類確認といった事務作業です。

窓口の職員もプロのキャリアカウンセラーではありません。

具体的な転職ノウハウを教えてもらったり、適切なアドバイスを得たりといったことは難しいと言えます。

理由その2.採用意欲の低い企業もある

ハローワークには「カラ求人」と呼ばれる求人も多く掲載されています。

企業が「カラ求人」を掲載する目的は、

  • 求人をだすことで企業の宣伝になる
  • 人事課の若手が面接の練習をすることができる
  • いい人が引っかかってくれればそれはそれでラッキーだから

といったことが考えられます。

カラ求人に応募してしまうと、企業からの連絡が全くこないため転職活動がストップしてしまうことも珍しくないです。

面接に行ったとしても、そもそも採用する気がないため、体よく断られてしまったりします。

カラ求人を完全に見分けることはできませんので、貴重な転職活動時間が無駄になってしまうでしょう。

3.ブラック企業に当たる可能性がある

ハローワークは公的機関ですから、原則掲載依頼を断ることができず、無料でどの企業でも掲載できます。

無料で求人を出せるので、資金力のないブラック企業が多く掲載されているのが現状です。

  • 資金が乏しく、求人募集に費用をかけられない零細企業やスタートアップ企業
  • とにかく人件費を削りたいため募集にお金をかけたがらない企業

などなど・・・

問題のある企業が普通に求人を出してるのがハローワークなのです。

社会人経験が豊富であれば怪しい企業には入らないという選択もできますが、20代のフリーターが募集要項や面接でブラックかを見極めるのは困難です。

「フリーターでも就職できるなら。」と、多少気になる点があっても入社してしまい、後悔することになりがちです。

20代であれば若者向け求人サイトを利用すべき

以前は、フリーターから就職するには非常に困難なケースが多かったのですが、近年は若者を育てたいと考えている企業が増えています。

その証拠に、フリーターや大学中退者、第二新卒などをターゲットとした若者向け求人サイトが多数あります。

掲載企業は、若年層への採用意欲が高く、20代のフリーターとマッチングが叶いやすいでしょう。

20代のフリーターがハローワークを利用するには注意が必要なため、就職活動には若者向け求人サイトを利用した方がいいと言えます。

若者向け求人サイトを利用するメリット

20代のフリーターの人が求人サイトを利用するメリットは大きく分けて3つあります。

それぞれ見ていきましょう。

キャリア面談で今後の方向性が明らかになる

20代フリーターは、自分にどんな仕事が合うのか、これからどうやって仕事と向き合っていけばいいのか、キャリアの方向性に迷っている方も多いでしょう。

一人で悶々と考えても答えは出ず、気づいたらすでに30代になって就職チャンスを失ってしまうなんてこともあり得ます。

若者向け求人サイトには若年層の就職に強いプロのアドバイザーがいるため、キャリア面談を通じて今後の方向性を一緒に明らかにしてくれます。

ハローワークですと、キャリア相談自体していないケースがほとんどです。

徹底したサポートを受けられる

若者向け求人サイトは、社会人経験が少ない人材をターゲットとしているため、一般的な求人サイトと比較してもサポートが充実しています。

ビジネスマナーや求人の見方といった基本的なことから面接対策までを全面的にバックアップしてくれます。

なので、職歴がなくビジネスマナーに不安があるフリーターでも自信を持って就職活動に臨むことができるのです。

採用意欲が高い企業が集まる

若者向け求人サイトを利用する場合、20代のフリーター自身が利用料金を負担することはありません。

サイト運営は掲載企業からの掲載料金や就職成功報酬で成り立っているからです。

若者向け求人サイトに掲載されてる企業は

  • 費用をしっかりかけてでも若手人材を欲しいと感じている企業
  • 資金力があり募集にお金をかけられる企業

などなど、採用意欲が高い企業がほとんどです。

求人を出す企業側も掲載前の審査がしっかり行われます。

その為ブラックで評判が著しく悪い企業は掲載されておらず、20代のフリーターが安心して就職活動をおこなうことができるでしょう。

ハローワークの場合、掲載する企業の事前審査はまず行われず、ブラック企業が多く掲載されてるため、安心して就活に望めないことと思います。

利用すべき求人サイト

若者向けの求人サイトは需要が増えてきてるため、その数は年々増加しています。

数もそれなりに存在してますので、どこを選ぶべきか悩むとこでしょう。

今から就職を始めるのであれば、ハタラクティブがオススメです。

ハタラクティブは評判の高い若者向け求人サイトの1つです。

特にサポート力に定評があり、内定率は80%越えという圧倒的な実績を出しています。

フリーターの人でも応募できる未経験OKの求人も多数取り揃えてるため、正社員経験のない人でも問題なく利用できます。

また、キャリア相談にも力を入れており「何の仕事をしたらいいのかわからない」という人向けの相談も行っています。

関東限定になりますが、まずは相談をしてみるだけでも何かしら発見はあるはずです。

もちろん利用は全て無料です。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

まとめ

20代のフリーターにとって、ハローワークを使った就職活動はリスクが高いためおすすめできません。

企業側の掲載ハードルが低い分、悪質なブラック企業も紛れていますし見極めが困難だからです。

十分な就職サポートが受けられることを考えても、若者向け求人サイトを利用し、本当に働きやすい企業への就職を目指しましょう。

転職成功率の高い転職エージェントランキング

 
リクルートエージェント
  リクルートエージェントはその名の通り、リクルートグループが運営してる転職サイトです。業界最大手であり、求人数もトップクラスです。特に非公開求人の数は約10万にも及びます。非公開求人は公開求人よりも魅力的な求人も多いため、結果的に転職成功率も高くなります。アドバイザーの質が高いことでも有名であり、転職支援実績No1の肩書きはダテではありません。

▶︎▶︎リクルートエージェントの詳細はこちら

ハタラクティブ
第二新卒、20代フリーターに特化した転職エージェント。サポート力に定評があり、正社員経験のない人でも多くの人が転職に成功してます。書類選考通過率90%内定率80%越えと圧倒的な実績を誇ります。未経験OKの求人が多い点も◎。厚生労働省の認定サービスですので安心して利用できます。

▶︎▶︎ハタラクティブの詳細はこちら

ワークポート
IT業界がメインだったワークポートですが、今は総合型となりIT分野以外の転職サポートも可能になりました。独自の「コンセルジュ制度」を設けておりアドバイザーの質は非常に高いです。他社では断られた人でもワークポートで多くの人が転職に成功しています。

▶︎▶︎ワークポートの詳細はこちら